医療に派遣社員として関わる前に、派遣のメリットを知る

医療に関わる仕事をするために派遣社員を選ぶのであれば、まずはその派遣社員として働くメリットについて考えてみましょう。

働く際の雇用形態というのはバイト・派遣社員・正社員と大きく分けると3つに分類されます。バイトの場合はある程度の時間的な自由が利くため、自分の時間を大事にしながらわずかな収入を手に入れることが可能です。正社員であれば責任を伴いますが、福利厚生も整っており雇用の定めというものがないというのが最大のメリットです。派遣社員の場合も、同様に色々なメリットがあります。

image

派遣社員の場合、まずは雇用されやすいことが大きなメリットだと言えるでしょう。

正社員の場合は、未経験では就けない職種であっても、派遣社員ですと就くことができる場合があります。その職種の正社員として働きたくても、正社員に採用されない場合は、ひとまず派遣社員として働いて、実務経験を積んでからであれば、正社員になれるというように、経験を得ることができるのが派遣社員のメリットだと言えます。

次に派遣社員は時給制ですが、これもメリットの一つです。正社員であれば、サービス残業がある場合がありますが、派遣社員ですと、時給制のよいところとして、残業した分の給与が必ずもらえるのです。

そのため、安心して働けることでしょう。残業ということですと、派遣社員ならば、残業可能な時間が決まっていることが派遣会社との契約でまずありますので、かなり長い残業をしなくても大丈夫なこともメリットでしょう。プライベートの時間も充実するのです。

最後に派遣社員の最大のメリットは、派遣会社がバックにいることです。正社員は仕事で壁にぶつかったら、自分で解決しなければなりませんし、もしくは上司のサポートを得るというように、基本的に自分の努力が要求されます。

派遣社員も当然同じなのですが、派遣社員であれば、派遣会社がサポートしてくれます。
仕事上の悩みの相談に乗ってくれますし、派遣先で困ったことがあれば、派遣会社が派遣先に掛けあってくれるという形で、力になってくれるのです。これも派遣社員にとっての大きなメリットなのです。ここまで説明したように、派遣社員には色々なメリットがあるので、この働き方も検討してみてください。